· 

荒野で学ぶリーダーシップ - ポートフォリオでプレゼン資料をレベルアップ! (3)

最も基本的なポートフォリオである4象限マトリックスを資料に入れるだけで、読み手から頭が良いと思われる事、間違いなしです。

 

このブログでは、ポートフォリオを知るキッカケになるよう、ビジネス書で見かけた色々なポートフォリオの図を紹介しています。 


Wilderness Leadership - On the Job

リーダーシップを学ぶ事が出来るか?は長年の問題です。2012年のHarvard Business Reviewの記事「Wilderness Leadership – on the Job」では、荒野の冒険からリーダーシップを学ぶNational Outdoor Leadership School(NOLS)を紹介しています。そこでは、5つの原理が共有されているそうです。 

 

(1) リーダーシップを学ぶ 

リーダーシップは学ぶ事ができるというのが、NOLSの基本的な考えです。 

 

(2) あらゆる所からリードできる 

冒険のグループや組織内では、4つの役割を演じる事になります。専任リーダー、アクティブなフォロワー、, 仲間のリーダー, 自身のリーダーです。効果的なチームワークは、各役割が必要な時と変わる方法を知る事に基づいています。 

 

(3) 上手く機能する 

リーダーシップとは、多様なグループ内にて物事を進め、チームメイトと共同で、(意見の)衝突を効果的に解消し、他人のやる気を引き出す事を意味しています。 

 

(4) 落ち着く 

荒野の冒険でも仕事でも、しばしば最後には計画だけでなく予備の計画も捨ててしまいます。リーダーシップはコントロールできる事には関わり、出来ない事は放っておきます。想定外を想定し、予期しない事が起きても冷静を保ちます。 

 

(5) つながりを断つ 

注意深く戦略的な考えに結び付いているリーダーシップの能力に対して、物凄くペースが早いハイテクの世界が大混乱を与えます。たまには21世紀型の気を散らすもの(要はスマホ、SNS、メールなどでしょう)からのつながりを断ち、自然とつながる事が重要です。 

 

発見したポートフォリオ:「4つのリーダーシップスタイル」の説明

記事の中では4つのリーダーシップスタイルを述べています。通常の形より少しだけ変わっており、4辺に属性の説明が載っています。 

 

最後に:ポートフォリオに興味を持ったら

もちろん、ポートフォリオ=4象限マトリックスではありません。ほんのちょっとの要素にしか過ぎません。ポートフォリオについて興味を持ち、もっと知りたいと思ったら、まずはビズフォリオの「東京ポートフォリオ研究所」のサイトを読んでみて下さい。宜しくお願いします。 

 

引用元:

Harvard Business Review April 2012 

"Wilderness Leadership – on the Job" John Kanengieter and Aparna Rajagopal-Durbin 

 の抄訳です。 


お知らせ!

現在ビズフォリオでは教育コンテンツビジネスの立ち上げを検討中です。乞うご期待! 



ブログ記事シリーズ:ポートフォリオでプレゼン資料をレベルアップ!


関連ページ