えっあの人も⁉複業していた有名人 - 起業・複業ニュースのスクラップ帳(10)

独立開業は不安です。どれほどの才能がある人にとっても、それは同じみたいです。

 

今回は、定職を辞めずに複業をしていた有名人を紹介します。


創造性が高い人に共通する日課を探る

Guardianに「Rise and shine: the daily routines of history's most creative minds」と言う記事がありました。クリエイティブな人たちに共通の日課を探る事で、なにか私たちの創造性向上のヒントが隠されていないか、を発見するのが目的です。

 

記事では、「早起き」や「よく歩く」等の項目が挙げられています。その中に、「Don't give up the day job(定職を辞めない)」というのがありました。

 

生活を安定させて、創造性発揮の妨げになるのを防止する

記事では、複業をした色々な有名人が出てきます。まず、「変身」や「城」、音楽好きならフランク・ザッパが影響を受けて曲を作った「流刑地にて」等が有名な作家のフランツ・カフカです。彼は、保険事務所で働き、午後10時半から真夜中過ぎにかけて執筆したそうです。

 

次も作家で、「響きと怒り」や「八月の光」を書いたウィリアム・フォークナーです。ボギー出演のハードボイルド映画の傑作「三つ数えろ」の脚本を書いた事でも有名です。彼は、発電所で夜勤を始めつつ、昼間に「As I Lay Dying」を書きました。

 

「荒地」を書いた詩人のT.S.エリオットは、ロイズ銀行に勤めており、定職は安定的収入による安心感をもたらしてくれました。

 

「定職を持つことは、私にとっては最も良い事の一つだ」と保険会社の執行役員で詩人のウォレス・スティーブンスは指摘しています。 「それは人生に規律と規則性をもたらす」そうです。

 

残念ながら勉強不足でウォレス・スティーブンスを知らなかったのですが、ネットで調べると超エリートでした。

 

アメリカの詩人。T・S・エリオット、エズラ・パウンドらと並び立つ20世紀前半の巨匠。ペンシルベニア州レディングに生まれ、ハーバード大学で文学を、ニューヨーク法律学校で法律を専攻。保険会社に入社して1934年には副社長に昇進する。その実務のかたわら詩作に励み、1923年第一詩集『足踏みオルガン』Harmoniumを発表、しばらくの沈黙の期間を経て、1935年『秩序の観念』を著す。

日本大百科全書(ニッポニカ)から引用

 

複業により時間が限られる事で、反って、時間を無駄にしないように自分を律して工夫をし、集中して取り掛かれたようです。

 

今回のテーマが創造性だったせいか、有名人は作家や詩人はかりでした。日本では、複業サラリーマンの先達、銀行に勤務しながら「シクラメンのかほり」など有名曲を書いた小椋佳さんが有名ですね。

 

定職がもたらす良い面を活かして、やりたい事を続ける

複業をしていた有名人はみんな、複業により時間が限られるマイナスをプラスに転化していました。

 

「起業に興味はあるが、そんな事をしているヒマが無い」と思っている人、有名人の考え方を真似して、今日から複業を始めてみませんか?

 


お知らせ!

 

現在ビズフォリオでは教育コンテンツビジネスの立ち上げを検討中です。乞うご期待!