· 

リーダーシップを発揮するために。忘れてはいけない3つの定義

リーダーシップで重要なのは、何でしょうか?リーダーシップを発揮したい!と思ったら、これだけは忘れないでください。

 

 


リーダーシップには、様々な定義がある

リーダーシップには、様々な定義が有ります。中には、まるっきる正反対の定義も含まれてることからも分かるように、幅の広い、奥の深いものです。

 

今日は、そんなリーダーシップを40年間学んだ結果に辿り着いた、シンプルな3つの定義を紹介します。

 

リーダーシップは、言葉より行動?

Inc.に「40 Years of Leadership Taught Me 3 Rules That All Managers Should Follow」という記事には3つのシンプルなリーダーシップの定義が載っています。

 

1.モノより人

 

これは、リーダーシップが、リーダーとフォロワーの人間関係を示す事だと考えれば、納得がいきます。興味を持っている、と示した方が、関心を示された人が、より好意を持つようにもなります。

 

2.部分の集まりより全体

 

問題部分を切り出して分析するのがマネジャーです。それを改善したり、新しい方法に切り替えるのが必要です。

 

3.言葉より行動

 

この記事を読んで、紹介したいと思ったのはここの部分です。ここでの記事の筆者は、仲間が死んでお悔やみを電話で伝えた自分と、はるばる遠くから駆けつけて一緒に悲しんだ人、とを比較しています。「どちらも正しかったが、その後からは、自分も行動するように意識した」と述べています。

 

時に言葉は、人の生き方を変える程の力を発揮します。軽視してはいけません。ただ、どうしても「口先だけ」になりがちです。行動を示す方が、リーダーシップを発揮しやすいと思います。

 

常に意識して行動すれば、リーダーシップが身につくかも?

今回は、リーダーシップの3つのシンプルな定義を紹介しました。リーダシップを学んだからと言って、リーダーシップが発揮できるのか?まだ、疑問に思っているかもしれません。

 

けれども、今日紹介したようなシンプルな定義を、常に意識して「行動」していれば、自然とリーダーシップが身につくかもしれません。

 

もし、リーダーシップに興味があれば、ぜひeラーニング 「リーダーシップ 基本編」の受講を! eラーニングのページから申込んでください。

 

ビズフォリオのeラーニングは『スキマ時間でPDU』、通勤時間にスマホで学習可能、1PDU  2千円 役立つビジネススキル満載です

 

 

 

【PDU取得 】PMP更新 】eラーニング