· 

「リーダーシップを発揮する人」がたとえ無意識でも日ごろから持っている4つのマインドセットって?

 

強いリーダーシップを生み出す要因が、リーダーの内面にあるなら。

 

優れたリーダーの内部にある共通点

約100年のリーダーシップ研究の中で、優れたリーダーに共通の特性を探す試みはほぼ徒労に終わっています。「共通点は無い」というのが一般的な結論です。

 

しかし、全く同じ基本形から多種多様な形に進化している生物と同様に、何らかの共通点が内部にはあるのではないか、という考え方も根強く残っています。

 

今日は、優れたリーダーの内部に共通する、「強いリーダーシップを生み出すもの」を紹介します。

 

強いリーダーシップを生み出すマインドセット

相変わらず、大量のビジネス用語が米国から日本へ怒涛のごとく入ってきます。Psychology Todayの記事「Strong Leadership Starts with Your Mindset」では、強いリーダーシップはマインドセットから始まる、と解説しています。

 

小学館のデジタル大辞泉を引くと、「マインドセット」とは、

ものの見方。物事を判断したり行動したりする際に基準とする考え方

と書かれています。

 

記事では、強いリーダーシップに関する4つのマインドセットを、凡庸との対比で挙げています。

コミットメントのマインドセット:「やる気がある」から「情熱がある」へ

「できる限りベストを尽くします」と言う程度ではダメで、秀でて率いるよう駆り立てられている

 

説明責任のマインドセット:「貢献」から「オーナー」へ

「自分の責任を果たすために、必要なことをやります」と言う程度ではダメで、全て自分に責任があり、他人による失敗もすべて自分の失敗とみなす

 

パフォーマンスのマインドセット:「良い」から「最高」へ

良いという程度ではダメで、過酷なビジネス環境ではベストを目指すために、常に自分のパフォーマンスは次のレベルを見越している

 

ヴィジョンのマインドセット:「現状」から「将来」へ

 「これまでで最高となるよう注力している」と言う程度ではダメで、「我々の成功は、常に次の目標を探すことにかかっています。」と認識している

記事の抄訳です

 

優れたリーダーの心のうちまで窺い知るのは不可能に近いとは言え、4つのマインドセットはそんなに外れても居ない印象です。「これだ!」という感じも無いため、相変わらずリーダーシップに関するモヤモヤ感は残ります。

 

自己評価で、マインドセットの改善を図っていく

 

今日は、強いリーダーシップにつながるマインドセットを紹介しました。

 

記事の著者は、4つのマインドセットを定期的に10段階の自己評価を行い、低い所を改善する事をおススメしています。

 

リーダーシップは自身の努力で強化できる、と信じて行動する事も、マインドセットの1つかと思います。リーダーシップを身に付けたい人は、ここに挙げた4つのマインドセットの改善からまず始めてみてはいかがでしょうか。

 

 もっとリーダーシップについて学びたいと思ったら、ぜひビズフォリオのeラーニング 「リーダーシップ 基本編」を受講してください!

 

あわせて読みたい!

関連記事:悪い情報の取り扱い方&リーダーがやってはいけないNG行動!

関連記事:【考察】マネジャーとの比較で、リーダーが一目置かれる理由とは?

関連記事:リーダーが見せる「親切」は職場の生産性にも影響を与える

関連記事:「即決型」と「熟考型」どちらが成功する?令和時代に合うリーダーシップスタイルの結論は・・・

関連記事:リーダーは避けるべき、優秀な人ほどやりがちな「残念なマネジメント」スタイル

 

 

ビズフォリオの電子出版シリーズ