『脱・専業サラリーマン』プロジェクト

もうサラリーマンは辞めたいけど、やりたい事も見つからない。そんな人向けのサイト

サラリーマンが自分らしさを取り戻すための複業生活を、「脱・専業サラリーマン」と名付けて、後押ししています。

 

これからは、一つの会社や職業に頼り切らず、リスク対策を考え、複数の仕事をポートフォリオ管理する時代です。

 

 

キーワード: 複業,パラレルキャリア, ポートフォリオワーカー, 副業, 中年起業 

サラリーマンの自分は、本当の自分?

朝、混んだ地下鉄の駅から大勢のサラリーマンが出てきて、会社へ向かって通りを歩いています。この中で何人が心からサラリーマン生活に満足しているのでしょうか。 

 

「本当にやりたい事じゃないけど仕方がない」や「まるで組織の歯車みたいだ」、「人間関係に耐えられない」。サラリーマンからよく聞かれる不満です。それでも飲み屋で愚痴っているうちはまだかわいいものですが、もう長い間メンタル不調による休職者が日本では問題となっており、自殺者の数も少ないとはとても言えません。 

 

でもそんな事を言うと、「会社の仕事とはそういうものだ」とか「その歳になって未だ中二病か」という声が聴こえてきそうです。 

 

自分らしい生き方を求めて

誰もが自分らしい生き方を求めているのは間違いありません。そして仕事は人生の中で大きな位置を占めています。多分、自分らしく生きている人は、やりがいのある仕事をしているはずです。 

 

サラリーマンで問題なのは、仕事のやりがいの実感が薄いという事です。真剣に取り組んでいて良い事があれば嬉しく失敗すれば本気で悔しいのに、まるでテレビゲームのようにどこか本物の仕事では無い違和感を覚えてしまいます。しかも、もう楽しめないのに止める事は許されません。 

 

言われるまでもなく、人生は一度しかない大切なものです。ここは何としてでも仕事のやりがいを取り戻す必要があります。挑戦する価値は充分過ぎる程あると思います。 

 

会社を辞めずに、まずは専業サラリーマンを止める

やりがいを求め、いっそ思い切って会社を辞めて独立開業をと一度は考えたサラリーマンは多いはずです。大抵の場合は、考えてはみたけれど食べていけるだけの商売のネタが思いつかず、スキルも自信も無いと諦める場合が殆どだと思います。 

 

そこで、何か小商いを始めて、まずは専業サラリーマンを止めてみてはいかがでしょうか。自分や家族をそれで養うと最初から大上段に構えず、月三万円程度の売り上げが目標の小商いです。「起業はそんなに甘くない。そんな中途半端な姿勢では絶対に成功しない」とまたまたどこからか叱られそうです。 

 

多くの人が大学を卒業してサラリーマンになる今は、起業家というのは何か特別な存在のように思われがちです。けれども、自分で考えたアイデアをもとに自分で商売をしてみる、ごく普通の事だと思います。それはサラリーマンとの兼業から始めたとしても、何ら遜色はありません。 

 

今すぐ脱・専業サラリーマンを始める人を、後押しします

新しい第一歩を踏み出そうとする時に、「会社という集団の中で働くには少しくらい我慢が必要」や「起業はそんなにお気軽じゃない」といった必ず聴こえる声、それは自分の頭の中の声でさももっともらしく主張してきます。でもそれが正しいかどうかなんて、本当は分かりません。 

 

ある調査によると、やった事とやらなかった事の後悔を比べると、やらなかった方が圧倒的に上回ったそうです。さあ、今すぐ仲間を見つけてビジネスを始めましょう!

 

最初はほんのささやかな小遣い稼ぎ程度のサラリーマンの副業でも、やがて本業と肩を並べるほど大きな複業になり、最後は事業で人を幸せにする福業へと大きく化けるかもしれません。 

 

 今すぐ始める人を、ビズフォリオは後押ししていきます。

 

ビズフォリオの起業体験が電子本になりました!

これから複業サラリーマンを目指す人向けに、ビズフォリオの「手作り起業」の体験談を電子本にしました。

 

読めば、脱・専業サラリーマンになっていく、具体的なイメージが湧くはずです! 

 

詳細はこちら

複業サラリーマンの時代

脱・専業サラリーマンは、サラリーマン自らが起こす「働き方改革」の宣言です。

 

なぜ複業なのか?複業を提唱し、世の中の動向について色々とコメントをしています。

 

詳細はこちら

起業・複業に役立つ情報の提供

これから起業や複業サラリーマンを目指す人、既に複業を始めている人向けに、役立つ情報を提供しています。

 

詳細はこちら

LLP(有限責任事業組合)の紹介