【PDU取得】【PMP更新】eラーニング

 

PMP® の資格取得、資格更新に必要なPDUの取得やその他のビジネス・スキルを、eラーニングで提供します。

自分を成長させる、学びの場を提供!

オープニングキャンペーン!!

 

いまなら、受講後のコメント投稿で、Amazonギフト券500円をプレゼント!

 

業務/仕事を進めるうえで、既存のプロジェクトマネジメントやビジネスアナリシスの知識を利用すると、もっと簡単でより効率的に、良い結果を出せる事が多々あります。

 

BizFolioのeラーニングは、様々な方面/分野にて、色々な業務で活躍してきた(「している」)講師が、

プロジェクトマネジメントやビジネスマネジメント等の実際に役に立つと認めた知識を、皆さんにご説明します。

 

また、直接的な仕事や業務の知識・ノウハウにとどまらず、働き方やメンタルヘルス、キャリア設計まで広い分野を対象にしているのも特長です。

 

学習すると、PDU®も取得できるお得なコースも用意しています。

 

ぜひ受講してください。

 


Course List

コース一覧

プロジェクトマネジャー向けの講座です。PDUを取得できます。

T:Technical L:Leadership S:Strategic


マイクロラーニング シリーズ

eラーニングで、スキマ時間を使って効率的にスキルを高める!PMP®ならPDU取得も! 

 

『スキマ時間でPDU』

ビズフォリオのeラーニング マイクロラーニング シリーズは、机に座らなくても勉強できる、新しい学習スタイルの講座です。

 

忙しい方でもスキマ時間を活用して学習できます。

 

スライド式で、スキマ時間に集中して学べる

学習の区切りとなる「スライド」は約3分以内に学べます。

どんなに忙しい方でも移動中や休憩などの細切れ時間に学習することができます。

 

自分のペースに合わせて進められる

しっかりと勉強するならデスクのパソコンを使い、ちょっとした空き時間での学習にはスマートフォン(スマホ)で。

 

TPOに合わせて効率的に学習できます。

 

画面例

スマホで学習しやすい画面になっています!

 

赤ペンと緑のシートで勉強した学生時代の懐かしい感覚が、スマホやパソコンの画面でよみがえります

 


E0001 E0002 E0003 E0004 E0005

リーダーシップ(基本編)

コースの紹介

様々な角度から述べられてきた20世紀初頭から現在までのリーダーシップ論の学習や演習を通じて、リーダーシップを理解し、今後発揮していく事ができるようになります。

 

コースの内容

テキストリーディング:約40分

演習課題2問:約20分

 

時間の都合に合わせて、自分に合ったペースで学習を進めていくことができます。

 

Vol. 1

  • リーダーシップとは?
  • リーダーシップ論を学ぶ(前半)

Vol. 2

  •  リーダーシップ論を学ぶ(後半)
  • チームとリーダーシップ 共有型リーダーシップについて
  • チーム・オブ・チームズ

Vol.3

  • リーダーシップとイノベーション
  • イノベーションリーダー判断
  • リーダーシップとフォロワーシップ

こんな人におススメです

  • 最近、管理職に昇格した
  • 入社後、初めて部下を持った
  • 機会があれば、起業したいと考えている   
  • 自分のチームやプロジェクトの生産性をもっと上げたいと思っている
  • これから社会人になる学生
  • リーダーシップに興味がある
  • リーダーシップを身に付けたいと思っている

 

お申込み

オープニングキャンペーン!!

 

いまなら、受講後のコメント投稿で、Amazonギフト券500円をプレゼント!

 

  • 価格は1コース 2千円
  • 講座開始から終了までの有効期間は365日間
  • お支払い方法は、クレジットカードまたは銀行振込

⇒PFMPGM会員の方はこちら

受講する前でも、受講した後も

 

リーダーシップに関するいろいろな情報を、ブログでお伝えしています。是非読んでください!

受講者コメント

コメント: 0

E0006 E0007

Digital/Cloud時代のプロジェクト・デザイン

Business Analysis入門

コースの紹介

デジタル技術は産業のあり方を大きく変えています。 

 

既存のやり方にとらわれず、市場のニーズと利用可能なリソースを駆使し、ビジネスのデザインを行う手法として注目を浴びているのがビジネスアナリシスです。

 

PMI®のProfessional in Business Analysis資格保有者の講師が、 PMI®の実務標準「ビジネスアナリシス実務標準」の要点を説明します。 

 

コースの内容

  • いま、なぜビジネスアナリシスか 
  • PMI®のビジネスアナリシス実務標準とは 
  • 各ドメインの概要 
  • PMI®のビジネスアナリシス資格とは 
  • まとめ 

こんな人におススメです

  • 経営企画・事業企画を担う方 
  • 新規事業・サービス開発を担う方 
  • システム開発の超上流を担う方 
  • PMI® Professional in Business Analysis資格に興味のある方 

お申込み

オープニングキャンペーン!!

 

いまなら、受講後のコメント投稿で、Amazonギフト券500円をプレゼント!

 

  • 価格は1コース 2千円
  • 講座開始から終了までの有効期間は365日間
  • お支払い方法は、クレジットカードまたは銀行振込

⇒PFMPGM会員の方はこちら

受講者コメント

コメント: 0

E0008

化学・素材開発におけるプロジェクトマネジメント

コースの紹介

化学・素材系、すなわち量で取引する製品を装置を用いた工程で製造する分野で、プロジェクトマネジメントがどう適用できるか、について学ぶことができます。

 

コースの内容

化学や素材の分野における他業種との違いや、その違いがどのようにプロジェクトマネジメント適用時に影響しているかについて事例とともに説明します。

 

こんな人におススメです

分野の専門的知識だけでなく、段取りや計画の立て方なども身につけなければいけないと考えている方

 

お申込み

オープニングキャンペーン!!

 

いまなら、受講後のコメント投稿で、Amazonギフト券500円をプレゼント!

 

  • 価格は1コース 2千円
  • 講座開始から終了までの有効期間は365日間
  • お支払い方法は、クレジットカードまたは銀行振込

受講者コメント

コメント: 0

E0009

「戦略実行力」を強化する

コースの紹介

ビジネスリーダーの必須スキルは、「戦略立案」と「戦略実行力」。せっかく立てた戦略やイノベーションシーズを絵に描いた餅に終わらせないために、戦略実行力を学びましょう。組織を動かすヒントが満載です。

 

コースの内容

・マネジメント標準体系と活用への課題

・戦略実行力強化への課題:組織文化とガバナンス

・戦略ガバナンスと実行マネジメントの両輪構造

・戦略実行力を生み出す運用

・戦略ライフサイクル

 

こんな人にお勧めです

・経営企画や事業戦略系の組織

・PMO

・PM

 

お申込み

オープニングキャンペーン!!

 

いまなら、受講後のコメント投稿で、Amazonギフト券500円をプレゼント!

 

  • 価格は1コース 2千円
  • 講座開始から終了までの有効期間は365日間
  • お支払い方法は、クレジットカードまたは銀行振込

E0010 E0011

イノベーション発想法

コースの紹介

アプリの時代とも言われる現代では、企業の規模に関係なく、優れたアイデアが市場での競争優位性を発揮します。

 

とは言え、「イノベーションには既存の考えにとらわれない自由な発想が必要」と理屈は理解できても、具体的にどうすれば良いか、多くの人が悩んでいるのが現状です。

 

古今東西、数知れない発想法の中から、イノベーションの創発を目的とするアイデア発想法を紹介します。

 

コースの内容

過去のイノベーションを研究し、その多くが5つのパターンに分類できる事から生まれた発想法がSystematic Inventive Thinking®(SIT)です。

 

本コースでは、SITを中心にイノベーションの発想方法を説明します。

 

5つのパターンの基本原理や事例、具体的な手順を説明し、受講後その日から実践が可能です。

 

こんな人におススメです

  • 最近、新規事業の開発を任命された
  • 既存事業の業績が下降気味で対策を検討中
  • 起業を考えている
  • イノベーションに興味がある

お申込み

オープニングキャンペーン!!

 

いまなら、受講後のコメント投稿で、Amazonギフト券500円をプレゼント!

 

  • 価格は1コース 2千円
  • 講座開始から終了までの有効期間は365日間
  • お支払い方法は、クレジットカードまたは銀行振込

⇒PFMPGM会員の方はこちら

受講者コメント

コメント: 0

ビデオ講座コース

仕事を効率的に進めるために、広義のプロジェクトマネジメントを活用する!

講座の紹介

全8講座の内容

  1. 組織とプロジェクトマネジメント(概論)
     プロジェクトマネジメントと組織の関係、BA、PfM、PgM、PJM、Agileマネジメントとは
  2. ビジネスにプロジェクトマネジメントをどのように使うと効率的か(その1)[予定]
     WF/PPPMとAgileの利用に使う
  3. ビジネスにプロジェクトマネジメントをどのように使うと効率的か(その2)[予定] 
     漸進型、繰返しの利用
  4. 組織でプロジェクトマネジメントを活用するには [予定]
     組織とPM活用(OPM)
  5. ビジネスアナリシスをどのように使うと効果的か [予定]
     ビジネスアナリシス+PPPM/Agileの使い方
  6. チームでPM実践をするための頭の使い方 [予定]
     チーム力アップのために議論の方法、頭の使い方
  7. プロジェクトマネジメントと法規  [予定]
     PMとしてヤラねばならないこととやったほうが良いこと、そのやり方
  8. PM/ITCのキャリアパス [予定]
     PM/ITCとしてキャリアパスを考える

E0012 E0013

組織とプロジェクトマネジメント(概論)

コースの紹介

はじめに、組織とプロジェクトマネジメントがどんな形で使われているかの概説をします。

 

プロジェクトマネジメント、あるいはITコーディネータの能力を持ち活用できるようになると、組織の中で効率的に動けて、より活躍できるはずです。 

 

プロジェクトマネジメントのビジネスアナリシス、ポートフォリオ、プログラム、プロジェクト・マネジメント、アジャイルマネジメントを組織の中で、環境や文化、市場、状況を考慮して、その能力は初めて結果に結びつきます。 

 

その各種の要素を、何とかして肩の力を抜きながら、適切に応用できるように説明します。

 

コースの内容

  • 組織とPM標準とは
    • 組織におけるプロジェクトマネジメントの位置づけ
    • プロジェクトマネジメントとは
    • プログラムマネジメントとは
    • ポートフォリオマネジメントとは
    • ビジネスアナリシスとは
    • アジャイルマネジメントとは

※それぞれに、地域の運動会等の身近な事例をつけて説明します。

  • PM標準の最近の動き
    • ISO PM21500の最近の動き
    • PMI®の標準の動き
    • ビジネス全体での各組織の標準の使い方
    • PMを広くとらてISO/標準/規格/ベストプラクティスの関係図

※PM全体を広くとらえて概観してみます。

 

こんな人におススメです

  • キャリアパスを考え始めた方 
  • プロジェクトマネジメントの限界を感じている方 
  • ITCの限界を感じている方

お申込み

オープニングキャンペーン!!

 

いまなら、受講後のコメント投稿で、Amazonギフト券500円をプレゼント!

 

  • 価格は1コース 2千円
  • 講座開始から終了までの有効期間は365日間
  • お支払い方法は、クレジットカードまたは銀行振込

⇒PFMPGM会員の方はこちら

受講者コメント

コメント: 0

【お申し込み方法の説明】

【個人情報の取扱いについて】

  1. ご記入いただきます個人情報(名前とメールアドレスのみ、カード支払いの場合でも、ビズフォリオ有限責任事業組合ではカード情報は保持しません)は、本eラーニングに関連する連絡およびその円滑・効果的な運営のためにのみ利用いたします。
  2. ビズフォリオ有限責任事業組合は、法令に定める場合を除き、個人情報を第三者へ提供いたしません。
  3. ご本人がご自分の個人情報の照会、訂正などを希望される場合には、ビズフォリオ有限責任事業組合までご連絡いただければ、ご本人であることを確認後、合理的な範囲で対応いたします。

上記の注意事項等をお読みになり同意される方は、お申込み のボタンを押してください。

お問い合わせ

訊きたい事、ご不明な点があれば、お気軽に「CONTACT」ページからお問い合わせください。

 


【 社外研究会のお誘い】知的な刺激をお求めの方へ

毎日家と会社の往復で、もっと知的な刺激が欲しいという方!

 

PMI日本支部 ポートフォリオ/プログラム研究会に入りませんか? 

 

色々な業種の人が参加する社外の研究会は刺激的で、絶対に新しい視点が開けますよ。

 

PMP®の方は、さらにお得です。

  • 研究会の活動時間が、PMP更新に申請できます
  • 1PDU 500円 の格安料金で eラーニングが受講できます
  • お待ちしています。

興味がある方は、こちらの『ポートフォリオ/プログラム研究会 会員の新規募集について』をご覧ください。